【完全ガイド】ジャブの打ち方の基本をマスターしよう

はじめに
 ジャブとはボクシングの中で1番基本であって、1番大切なパンチです。このジャブの基本をマスターし、正しいフォームでジャブを打てるようにしましょう。


box-1514845_640.jpg


1、基本のパンチ「ジャブ」って?


 ジャブは相手をKOするための(ストレートやフックとは違い)相手との距離を測ったり、コンビネーションや決めパンチに繋げるための捨てパンチ(おとり)です。例えるなら昆虫の触角のようなものです。
相手との距離を測りつつ、けん制などにも使います。構えは顔の前に、相手のパンチをガードできる位置に置きながら打ちます。打つときは腕をそのまま伸ばし、その時にひじが開いて遠回りしないよう最短距離で素早く出して素早く引きます。力んでしまうと素早さがかけてしまうので、パンチが当たる一瞬だけ力を入れるようにしましょう。腕はただ伸ばすだけでなく身体の回転を加えることで、より遠くにジャブが打てます。右腕は下がらないよう、顔をガードし、肘は開けないよう常にガードをしましょう。


2、ジャブには種類がある


 ジャブの軌道を少し変えることによってフックに見せかけたジャブが打てたり、アッパーも同様、手のひらを返しながら打つことでアッパーに見せかけたジャブを打つことが出来ます。
 【フリッカージャブ】というものもあります。通常のジャブはガードをある程度上げた状態から、目標へ直線的に素早く繰り出すのが基本ですが、これに対し、フリッカージャブは左腕(サウスポーの場合は右腕)をだらりと下げた「デトロイトスタイル(別称:ヒットマンスタイル)」やL字ガードと呼ばれる構えから、腕全体を鞭のようにしならせてスナップを効かせて斜め下から打ち込むジャブです。


3、動画でジャブの打ち方をマスターしよう


 


上記で説明したようなジャブを実際にやるとこの動画のようになります。素早さがあり、打った後の戻しもとても早いです。
疲れてくるとスピードが落ちたり、右手のガードが落ちてくるので、パンチ以外の部分も意識するようにしましょう。


4、ジャブがもっと上手くなるコツ


 ジャブは単発で使うのではなく連打やコンビネーションに組み込むとヒットしやすく、相手に当てるコツはスピードとフォームです。スピードが無いと相手にパンチは当たりません。また常に力んでいると素早い動きが出来ないので、相手に当たる一瞬だけ力を入れます。
当然、肘が開いていたり、フォームが大きいと相手にパンチが読まれてしまいます。その為肘を開かず、最短距離でパンチを出します。
そしてジャブを上手く打てるようになるとワンツーのストレートのときにタメが出来ている状態になるのでストレートに繋げやすくなります。


5、《応用編》コンビネーションを加えてみよう


 それでは実際にコンビネーションを使って、練習してみましょう。まずは簡単なものから【ジャブジャブ・クロス・ステップバック・ジャブクロス】
この時バックした分だけジャブのときに前に戻るようにしましょう。
少し複雑なものになると【ジャブクロス・ロールバック・ステップインジャブクロス・フック】など、ディフェンスの動きが加わると、より難しくなりますが振り付けを覚えたような達成感もあります。
是非試してみて下さい☆


さいごに
ジャブは、何よりも大事なパンチといっても過言ではありません。プロの試合を見ると左手を使う方が多く、ジャブの大切さがよりいっそう深まります。
是非皆様もジャブを練習して素早い切れなジャブを打てるよう練習してみて下さい☆