taikan

体幹とは?体幹を鍛えるメリットや簡単トレーニング方法

1158982_s.jpg


今日も1日お疲れ様です!
みなさんは普段から体幹トレーニングをしますでしょうか?実は体幹トレーニングを鍛えることによって様々な効果がありますのでお話していきたいと思います!


■ 体幹ってどこ?体幹トレーニングと筋トレの違い


体幹とは腹筋のことだと勘違いされてしまいます。実は首から上と腕・足を除いた部分のことを体感といいます。解剖学的にいうと胸や背中などの大きな筋肉や肩関節・股関節まわりの小さな筋肉までが体幹というのです。
体幹トレーニングとは、全身の筋肉のうち、体を支える筋肉だけを鍛えることに重視したトレーニングのことを言います。体を支える筋肉とは主に胴体部分の深い場所にある筋肉です。筋トレの種類の1つとして体幹トレーニングがあると考えていただければ間違いありません。筋トレとは筋肉全般のトレーニングを指します。全ての筋肉を対象とするので筋トレでも様々なトレーニング方法もあります。


■ ダイエットにもいい?体幹を鍛えるメリットとは


体幹を鍛えることで感じられる最大メリットは、筋肉のバランスを整え、体全体の安定性が高まります。例をあげるならケガの予防や動きをスムーズにすることで競技のパフォーマンス向上のほかに筋力向上による体の引き締め、体力向上などが期待できます。また肩こり解消、腰痛、頭痛も改善される可能性が大きいです。


■ 自宅で簡単にできる体幹トレーニング


・プランク


プランクは、体幹トレーニングのメニューでもっとも知名度が高いポーズです。腹筋や背筋、臀部、さらにはインナーマッスルまで全体を鍛える効果が期待できます。腰を痛めやすい人の腹筋運動にもおすすめです。


・サイドプランク


横向きのプランクです。正面から見た姿勢と上から見た姿勢、どちらも頭から足のつま先まで一直線になるよう保ちます。


・スパイダープランク


全身運動になるほか、膝を持ってくる動作によって、お腹まわりの筋肉へさらなる負荷をかけます。


・ブリッジ(ヒップリフト)


仰向けに寝て、腰を浮かせるポーズです。腰を水平方向に動かすと、お尻と腰全体を鍛えることができます。お腹にダンベルや重りを乗せて負荷を高めるのもよいでしょう。


さいごに


運動が苦手なら、体幹トレーニングから取り組むのもおすすめです。
ランニングや筋トレをするのはハードルが高いかもしれませんが、プランクなどの自重メニューならすぐに行えます。運動が苦手だけれど体を鍛えたい人は、体幹トレーニングから是非トライしてみてください!一緒に頑張りましょう!!