筋トレはお風呂の前?後?効果的なのはどっち?|ボクシングフィットネスジムNOA

4213440_s.jpg


はじめに


皆さんこんにちは!
普段の皆さんは、筋力トレーニング行っていますでしょうか?
この時期たくさん汗もかくので入浴後にトレーニングをしたほうがいいのか入浴前にトレーニングした方がどちらの方が効果的なのでしょうか?そこで今回は入浴前か入浴後どちらがいいかお話しします!


■ 筋トレ後のお風呂はNGって聞いたけど


これは、筋肉が炎症を起こすのではないかと考えられていたことがあったためです。筋トレは筋繊維を傷つける行動です。
この筋繊維を傷つけて、修復する段階でしっかり筋肉が育っていきます。
しかし、筋繊維が傷ついた状態で入浴すると余計に筋繊維が傷つき、炎症を起こしてしまうと考えられているからです。


■ 筋トレ後のお風呂のメリットとデメリット


メリットは、湯船に浸かることによって、水圧で血管が圧迫されて血流が良くなります。体内の血の巡りが良くなってくると、新陳代謝が活発になって体内の老廃物や疲労物質を取り除いてくれるため、筋トレ後の疲労回復効果に期待できます。
デメリットは、ほぐれた筋肉を再び硬直させることになるため、筋肉がほぐれない状態になります。それに加え、副交感神経の働きを抑えて交換神経を活発にしてしまうため、睡眠の質は大きく下がってしまいます。翌日には大きな疲労感を感じやすい恐れがあるそうです。


■ トレーニングとお風呂の効果的なタイミング


疲労回復に効果的な入浴法といえば、温冷交互浴。熱いお湯と冷たい水風呂に交互に浸かることで、自律神経における、活動的になる「交感神経」と休息をうながす「副交感神経」を意識的に切り替え、徐々に機能を整えていきます。もちろん最後に冷水を浴びるだけでも効果が出ます。筋トレ後はもちろん、毎日の習慣として継続していくと疲れがたまりにくい体質に改善していきます。
体に栄養や酸素を運ぶ働きである血液の循環をよくすることで、トレーニングの疲労感を和らげ、回復を早めることができるのです。


さいごに


お風呂のタイミングに合わせて筋トレを行う場合、お風呂上がりよりもお風呂に入る前の筋トレがおすすめです!
お風呂に入る前に筋トレをしておくと、そのあとの入浴で筋肉の疲労回復が見込めます。
もちろん、入浴後の筋トレが絶対にNGというわけではありませんが、入浴前に筋トレを済ませることによって、筋肉の回復や体にたまった老廃物の排出の促進、血行促進などの効果を効率的に得ることができます!
皆さんも自分の体に合った効果的な筋トレを是非実践してみましょう!!